自由診療

症状が出る前に病気を見つけることが大切でなので、症状がないからと言って安心せずに検診する事をお勧め致します。

子宮がん検診

子宮がんには子宮頚がんと子宮体がんがあります。
子宮頚がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因で子宮の出口に発症し、20~40代の女性に発症のピークがあり、HPVは性交経験のある女性であれば誰でも感染の可能性がありますが、長期間の持続感染でがんを発症させます。
1年に1回の子宮頚がん検診をお勧めします。
またHPVに感染しているかどうか検査することができますのでご相談ください。
子宮体がんは子宮の奥にできるがんで40代から多くなり閉経前後で最も多く発症します。妊娠・出産の経験がない方、糖尿病・肥満・高血圧など合併症のある方は特に検診をお勧めします。
検査は細い器具を使用しますが、少し出血が伴うことや痛みを感じる場合があります。

超音波検診

子宮や卵巣の状態を調べます。
子宮筋腫や子宮内膜症・卵巣腫瘍・卵巣がん・子宮奇形などの病気の確認ができます。
卵巣の病気は無症状で進行する場合がありますので検診をお勧めします。
乳腺に異常所見が認められ精検が必要と思われる場合は、専門医の病院へ紹介します。良性と思われる所見は経過観察致しますが、マンモグラフィーはありませんので、2年に1回のマンモグラフィー検査をお勧めします。

性感染症検診・ブライダルチェック

クラミジアや淋菌感染は放っておくと卵管炎や子宮内膜炎を引き起こし不妊症や子宮外妊娠の原因となることがありますので、ぜひ妊娠する前に検診を受けて下さい。
HPV・クラミジア・淋菌・トリコモナス・その他膣分泌物検査・風疹抗体検査・HIV(エイズウイルス検査)・B型肝炎検査・C型肝炎検査・梅毒検査などが検査可能です。

妊娠の検査診断

妊娠の検査、診断は尿検査・超音波で妊娠の週数を確認します。妊娠が確認できましたら、まずご自身で早急に分娩できる施設の予約をして下さい。あるいは仙台市のセミオープンを希望している方も、胎児心拍が認められたら早急に分娩予約が必要になりますので、スタッフまで申し出て下さい。出血や痛みなど切迫流産の症状がある方は保険診療となり内服治療はできますが、入院が必要な場合は分娩予約をした病院へご連絡をお願いします。不幸にして流産となった場合は保険治療で治療致します。(流産手術)

妊婦健診

当クリニックには分娩施設はありませんが仙台市のセミオープンシステムによる妊婦健診を行っております。このシステムは妊娠32週頃までの妊婦健診を当クリニックで行 い、34週以降は設備の整った総合病院で妊婦健診を行います。何か異常がみつかった場合は以後は総合病院へ行って頂きます。
詳しくは当クリニックまでお問い合わせご相談ください。

低用量ピルの処方

•生理の周期を整える
•生理日の移動ができる
•生理痛が軽減する
•月経前緊張症が軽減する
•子宮内膜症の症状を軽減する
避妊を目的とした内服や 月経困難症や子宮内膜症に保険適応のピルもあります。
生理のつらい症状や妊娠の希望がない方はご相談ください。

避妊

緊急避妊:モーニングアフターピル
性交後72時間内に薬を内服することで妊娠の可能性を減少させますが100%の避妊はできません。
副作用の少ないノルレボ錠を処方しています。
子宮内避妊リング
子宮内に小さな器具を挿入して避妊する方法です。(分娩経験のある方にお勧めの方法)
器具の定期的な検診や2年毎の交換が必要となります。

生理日の移動

ご都合により生理日を変更したい場合、生理予定日の5日前までに受診していただければ生理を遅らせることができます。
また1ヶ月前までに受診していただければ生理を早めることも可能ですので相談ください。

予防接種

インフルエンザ、風疹などワクチン接種可能です。子宮頸がんの原因となるHPVに対するワクチンも可能ですが、副作用の問題が解決してないので無理にはおすすめはしていません。ご希望される方のみお受け致します。

医院情報

診療時間
診療時間
9:00〜12:30
13:00迄
14:00〜18:00

予約優先※受付は30分前迄


Calendar Loading
Calendar Loading

   休診
   午後休診
   その他・診療時間変更


● 診療時間変更のお知らせ

12/18(火)は都合により15時30分で受付終了になります。

12/29(土)~1/6(日)までは休診となります。

休診日
水曜・土曜午後・日曜・祝日
初診・再診 予約電話番号
tel 022-342-1255

医院関連リンク

病院・医療検索のマイクリニック